ひろとのウキウキ株日記

誰もが実践できるシンプルな株式投資で堅実に利益を得ているウキウキな日記

あいさつ

face.jpg

はじめまして「ひろと」です ^^

日本の投資教育環境を
充実させるため活動中です!

プラスα)
『笑い』と『感動』を提供する

株の学校(運営サイト)
株哲学
投資成績(2008年末まで)
取引履歴(確定分)
みんなの声
メールを送る

日記(2007年)


DSで株取引ゲーム!?


コレは凄まじい。。。


任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を使って株取引を疑似体験するソフトが相次ぎ登場している。カプコンは株取引を題材にストーリーを進めていくゲームを7日に発売。バンダイナムコゲームスも21日に人気女性トレーダーが株取引を指南するゲームを売り出す。カプコンの「株トレーダー瞬」は伝説の相場師の息子である主人公を操り、街やニュースなどで情報収集し株取引の「バトル」で敵を倒す。アドベンチャー形式にし、株取引に興味のない人でも取り組みやすい。(07:00)(NIKKEINET 07年6月15日


バンダイナムコの「若林史江のDS株レッスン♪」はデイトレードを扱ったものだそうです。しかもこちらは大手ネット証券5社が監修してます。


なぜか?それは、

「自社に新規のお客を呼び込み、たくさん短期売買してもらってたくさん売買手数料を得るため」


間違いなくゲームは「大儲けしやすい仕組み」になっているでしょう。


株ブームに乗ってソフト売上上々。


購入者はゲームで大儲け。

「俺って絶対株の才能あるよ~」

で、実際に株取引を始めようとする。


ん?ゲームを監修した大手ネット証券各社の名が目に付く。

「おっ、ここの口座開設しよ」

で、デイトレード連発。

売買手数料たくさん発生。

そして大儲けしたデイトレーダーが現れたらマスコミで取り上げる。


ざっとこんな筋書きですか。


この監修に携わった大手ネット証券各社は、デイトレード中心の構成ソフトで本当に投資能力がつき、実際に儲けられるようになると考えているのでしょうか。。。


それで将来、

自社のサービスに関わるお客さんを幸せにできるのか?


お客さんの喜ぶ笑顔がその先にある。

仕事に対する「やりがい」や「誇り」とは、こういうところから生まれてくるのではないでしょうか。


これに対し、大手ネット証券が積極的に監修していないカプコンの株ゲームが「物語り形式で株の世界を体験する」形式であるとは何たる皮肉でしょうか。。。

若年層に与える影響が大きい「ゲーム」という媒体であるだけに、求められるモラルは高い。


参考:デイトレードで勝つ難しさ

DCF法による企業価値算出の仕... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 『坂の上の雲』を読んで

投稿日:2007年06月15日 18:45 |  コメント(0)

カテゴリ>日記(2007年)  ページTOP ホーム