ひろとのウキウキ株日記

誰もが実践できるシンプルな株式投資で堅実に利益を得ているウキウキな日記

あいさつ

face.jpg

はじめまして「ひろと」です ^^

日本の投資教育環境を
充実させるため活動中です!

プラスα)
『笑い』と『感動』を提供する

株の学校(運営サイト)
株哲学
投資成績(2008年末まで)
取引履歴(確定分)
みんなの声
メールを送る

雑感


ドラえもん対悟空Ⅱ


まずはじめに、両者に戦うことを決意させた「動機」を仮定しなければなりません(または、「両者の意思とは関係なく全能力を駆使して戦闘をする」などと仮定するか)。


なぜなら、

ケース)動機づけなし

ドラえもん

ドラえもんはそもそも子守用ロボットなので「戦闘」という思考回路が組み込まれていません。

よって、「戦闘(単なる戦い)」はできません(しようとは考えません)。

原作・アニメなどでジャイアンなどをひみつ道具を使ってこらしめるのは、あくまで「誰かを助ける(守る)ため」なのです。たま~に、のび太のわがままに付き合ってますけど、笑。

悟空

悟空の場合、サイヤ人の本能として「戦闘(善悪、意味を問わずそれを好む)」という思考は生まれつき存在します。そもそも悟空(カカロット)は「サイヤ人が、地球を侵略するために送った刺客」だったのです。

しかし、幼少のころあやまって谷から落ち、頭部を強く打ってから「サイヤ人本来の戦闘思考を失い、温和な性格となった(戦闘そのものは好むが、意味なく戦闘をするという本能は失われた)」のです。

よって、

・番組内設定ルール

1.相手を戦闘不能状態にさせれば勝ち

2.何でもあり(道具、急所攻撃などなど)

3.戦闘場所はごく一般的な公園

この設定だけでは、ドラえもんと戦う意味を見出せない。

ドラえもんが何もしない限り、どう考えても「倒さなければならない敵」とは考えない(戦う意味を見つけられない)ですよね?(笑)

よってこの場合、両者は戦わない(+_+)\バシッ!

しかし、「両者が戦ったらどっちが勝つ?」ということなので、どうにかして2人を戦わせなければならないのです。

そこで、両者に戦うことを決意させた動機の存在が必要となってくるのです(または、「両者の意思とは関係なく全能力を駆使して戦闘をする」などと仮定するか)。

たとえば、事前に、

ドラえもんに3日間ドラ焼きを食べさせず、「悟空という宇宙人が地球上のどらやきを食べ尽くそうとしている」という情報を吹き込み、

その一方で、

腹ペコ状態の悟空をどうにかして公園に呼び出し、「とりあえずこちらに腹ごしらえ用のドラ焼き(超大量)を用意したので食べてください」と言い、つづけざま「戦闘能力はないが『ドラえもん』という悪意を持った人造人間が、地球を破壊できるほどの武器を持っています。最悪の事態が起こる前にその機能を停止させて欲しいんです」と頼む。

すかさず、ドラえもんを上手いことその公園へ誘導し、悟空が超大量のドラ焼きを食べてるところを目撃させる。

ドラ焼きを大量に食べつくそうとする悟空を見たドラえもんは、理性を失い悟空を攻撃するかもしれません。そうなればめでたく(?)戦闘がおこなわれるかもしれません^^;

悟空データ(ウィキペディアより)

非常に食欲旺盛で、何十人前もの料理をあっという間に平らげてしまう(サイヤ人の特性)素直で真面目過ぎる性格で、単純な騙まし討ちに引っかかった事がある

ドラえもんデータ(ウィキペディアより)

ドラ焼きが大好物。片倉設定では「ドラ焼きの成分がドラえもんのエネルギー源に最適」というのが理由だったが、現在では22世紀にいた頃にダンス用ネコ型ロボットのノラミャー子からドラ焼きをもらい、そのときから彼の好物になったとされる(『2112年ドラえもん誕生』)。そのこだわりは強く、甘すぎるドラ焼きは邪道という持論を持つ。ドラ焼きを売っている菓子屋の主人とドラ焼きの味をめぐって論争したこともあるというこだわりよう。ドラ焼きの大安売りと聞けばすべてを放り出して菓子屋に直行する。道具を貸すのを渋っているときも、目の前にドラ焼きを出されるとホイホイと貸してしまう。普段は道具で金儲けするのび太を制止している彼も、ドラ焼きを手に入れるためならばほとんど詐欺ともいえる方法も厭わない。のび太の部屋を埋め尽くすほどの世界一大きなドラ焼きを1人で完食したことや、ドラ焼き大食いコンテストでの優勝経験もある。コンテスト時の経験は、過去の経験を保存してバーチャル体験できる道具「録験機」により繰り返し味わっている(『録験機で楽しもう』)。ドラ焼きを食べない日が3日続くと禁断症状が起きる(『神さまごっこ』)。
地球はかいばくだん。おそらく爆弾の一種かと思われるが、作中では使用されたことがないため、使用法や使用効果はまったく不明。『ネズミとばくだん』の初出(「小学五年生」1974年10月号掲載)では、名称は「原子爆弾」だったが、単行本収録時に現在の名前に改められた。『恋するドラえもん』(てんとう虫コミックス27巻に収録)にも、地球はかいばくだんに似た道具が登場するが、詳細不明。 『ドラえもんズ、仲間割れ!?』(てんとう虫コミックス「ザ・ドラえもんズ」6巻収録)では、「ミニ地球はかいバクダン」が登場。大きさは目測10センチメートルほどで、爆発の規模はビルの爆破用に使用されるダイナマイトに近い。

このように、「リンカーン」で設けられたルール内で「ドラえもん VS 悟空」の議論をおこなっても、無数の仮定(試合開始時間なども含む)が存在するため、結論を出せません_| ̄|〇

実は奥が深かった「ドラえもん VS 孫悟空」

こんなこと真面目にするな!(+_+)\バシ

ドラえもん対悟空Ⅰ 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 現代の若者は幸福?

投稿日:2006年12月03日 13:10 |  コメント(0)

カテゴリ>雑感  ページTOP ホーム